title

新着ニュース

2022.6.16 お問い合わせページの不具合は修復いたしました。ご迷惑おかけいたしました。

ご挨拶

総長 藤井輝夫

昨今の新型コロナウイルス感染症拡大をはじめ、気候変動問題など、人類社会はいま地球規模の困難に直面しており、これに伴って世界各所で社会の分断や格差の問題が露わになってきています。またSDGsの掛け声のもと、人類の共有財産である地球環境の持続可能性を守ることが、世界的な課題となっています。その中で、環境を汚染せず、エネルギー消費が少ない方法を具現化することにより、安全・安心な社会の構築に貢献していくことは科学技術の使命です。これを成し遂げるためには、従来では成しえなかった低環境汚染、希少元素フリー、低コストの材料を短期間で効率よく開発するなど、物質・材料分野におけるイノベーションが不可欠です。

文部科学省が2021年度より開始したマテリアル先端リサーチインフラ事業は、これまでのナノテクノロジープラットフォーム事業で実施してきた設備共用プラットフォームを発展的に継承した事業であり、マテリアルズインフォマティクスを支える材料データを大規模に収集・整理して研究者に提供するという新たな視点が加わっています。マテリアルズインフォマティクスは、効率的に新規材料を開発する手法として期待されており、東京大学はその基盤を支えることにも資する本事業のハブ拠点の一つとして採択されています。21世紀の持続可能な未来社会の構築に向け、本事業を通して東京大学に多くの英知が結集し、世界に貢献する研究が数多く展開されることを願っています。

研究科長 染谷隆夫

革新的なマテリアルの実現は、いつでもイノベーション創出の中核を担ってきました。特に、現代社会が直面する問題は、気候変動、社会の超高齢化、そしてウイルス感染症など困難さと複雑さが増す中、新素材への期待がかつてないほど高まっています。実際に、サステナビリティを第一に考え、グローバルコモンズを守り育てるとともに限りある地球資源を大切にし、環境に負荷を与えない社会の構築を実現するために、新素材の開発がその解決へのカギを握っていると言っても過言ではありません。

工学研究はこれらの社会の期待に応えるべく、環境を汚染せず、少ない消費エネルギーで、安全・安心な社会を構築する材料とそれを利用する技術を研究しています。これを成し遂げる基盤として、従来の材料では成しえない、低環境汚染、希少元素フリー、低コストの材料を短期間で効率よく開発できると期待されているマテリアルズインフォマティクスが注目されています。

東京大学は、2007年より文部科学省の設備共用事業(ナノテクノロジーネットワーク)に参加し、引き続いて2012年よりナノテクノロジープラットフォーム事業に参加し、学内外の大学・企業の多くの研究者に最先端の研究機器の利用を提供してきました。今般、2021年度より文科省のマテリアル先端リサーチインフラ事業に参加しました。設備共用プラットフォームに加えて、マテリアルズインフォマティクスを支える材料ならびにプロセスのデータを大量に収集し、材料・プロセス研究者に提供します。東京大学は本事業を通してサステナブルな21世紀社会の構築に貢献することを目指します。皆様のご支援をお願いいたします。

代表者 幾原雄一

代表者の挨拶文章は現在準備中です。掲載までしばらくお待ちください。 代表者の挨拶文章は現在準備中です。掲載までしばらくお待ちください。 代表者の挨拶文章は現在準備中です。掲載までしばらくお待ちください。